Pharmacovigilance(ファーマコビジランス)

医薬品メーカーの業務を受託。
医薬品の安全性向上に関わります。

JPCの英語人材が、医薬品の安全性のために役立っています。

英語力が活かせる、新しい時代の新しい仕事。

CROとは"Contract Research Organization(=医薬品開発業務受託機関)"の略称。医薬品の安全性を確かめる治験や調査に関するさまざまな業務を医薬品メーカーなどからの委託を受けて代行する組織や企業のことです。このCROで行われている仕事こそが、英語力が活かせる新しい仕事なのです。
CROでは専門性の高い高度な情報交換が行われていますが、この仕事のスタート時に求められるのは医薬品の知識や業界での経験よりも高い英語力です。専門的知識は仕事を通して少しずつ覚えることができます。

中でも特に高い英語力が求められるのが、
"Pharmacovigilance(ファーマコビジランス)"。

CROで行われている仕事の中でも、特に高い英語力が求められるのが"Pharmacovigilance"の分野。医薬品の安全性情報、副作用の症例などを報告するための資料を作成する業務です。
医薬品メーカーや医療の現場など、各方面から上がってくる様々な情報や症例、及び学会の論文等のデータベースをもとに、英語での報告書を作成します。この業務を行うために、高い英語力が必要となるのです。

ますますグローバル化、ますます高いレベルが求められる仕事。

CROにおける"Pharmacovigilance"が注目されている背景には、実は医薬品業界の事業構造の変化があります。医薬品開発のプロジェクト数が増えたため、治験データや副作用症例の報告業務などは、製薬メーカーが自ら行うよりもアウトソーシングする方が効率的、と考えられるようになったのです。こうした動きは、日本国内だけでなく、世界的な傾向として急スピードで広まっています。そして、そこで求められるのが、語学能力の高い人材です。
ご存知の通り、医薬品業界はクロスボーダーですから、共通言語は「英語」。現在、盛んに世界規模のM&Aや業務提携が進められていることも、グローバル化を加速させています。優れた英語力、中でも読解力や文章作成力に長けた人材の必要性は、ますます高まる一方なのです。

JPCが英語力の高い人材をCRO業界へ橋渡し。

この成長著しいCRO業界と強い繋がりを持っているのが、私たちJPCです。すでに"Pharmacovigilance"業務で活躍するスタッフを多数擁し、CRO企業様より高い評価をいただいています。
スタッフは、CRO企業様のオフィスに常駐し、そこで英語力を活かしながら、業務を行います。例えば臨床試験に関して言えば、3〜7年と長期に渡る継続的な業務となりますので、このようなスパンの中で、英語力を存分に発揮しながら、徐々に専門知識を蓄え、お客様の期待により高く応えていきます。

採用実績(2015年12月末時点)

大 学

  • 青山学院大学
    文学部
    国際政治経済学部
  • 神奈川大学 外国語学部
  • 京都大学大学院
    アジア・アフリカ地域研究研究科
  • 慶應義塾大学 文学部
  • 国際教養大学
  • 国際基督教大学
    教養学部
  • 上智大学
    国際教養学部
    外国語学部
    文学部
  • 大東文化大学 法学部
  • 大連外国語大学 日本語学部
  • 中央大学
    文学部
    法学部
  • 津田塾大学 学芸学部
  • 東京大学
    教養学部 生命認知科学科
  • 東京医科歯科大学大学院
    医歯学総合研究科
  • 東京外国語大学 外国語学部
  • 東京薬科大学 生命科学部
  • 東北大学
    農学部 応用生物化学科
  • 東洋大学 文学部
  • 獨協大学 外国語学部
  • 南山大学 外国語学部
  • 広島大学 総合科学部 総合学科
  • 法政大学 グローバル教養学部
  • 明治学院大学 国際学部
  • 立命館大学大学院
    商学部
    教育学部
    文化構想学部

専門学校

  • 日本外国語専門学校
  • 日本大学歯学部付属歯科衛生専門学校
  • 神田外語学院
  • 早稲田速記医療福祉専門学校

社員情報(2015年12月末時点)