情報セキュリティ基本方針

株式会社日本プレースメントセンターは、膨大な個人情報、機密情報を扱うお客様企業において、システム運用の一翼を担って参りました。
お客様の情報資産を適切に管理することで、お客様の信頼に応えていくと同時に、情報の適切な取扱い及び安全管理に取り組むことは重要な社会的責任でもあると考えております。
ついては、ここに情報セキュリティ基本方針を定め、情報資産の適切な保護の徹底に努めてまいります。

  1. 情報資産の取扱いに関しては、情報セキュリティに関する法令・規範、ガイドラインおよび契約上のセキュリティ要求事項を遵守します。
  2. 情報セキュリティに関するあらゆるリスクに対応するためのマネジメントシステムとして「全社コンプライアンス委員会」を定期開催し、社会情勢、制度改正や技術動向を把握し、情報管理体制に反映させるとともに、必要な対応を講じます。
  3. 社員一人ひとりに情報セキュリティの重要性を深く認識させるべく、年二回の情報セキュリティ対策を中心としたコンプライアンス研修やその他の教育、取組みを実施します。
  4. 万一、情報セキュリティの問題が発生した場合には、迅速にお客様にご報告するとともに、原因究明、対策を迅速に実施し、被害を最小限にとどめるとともに、再発防止策を策定、実行します。
  5. 以上について、「全社コンプライアンス委員会」を中心に、各活動のモニタリング、改善・是正、更に有効な方策の検討を継続的に行ってまいります。

制定 2014年06月02日
株式会社日本プレースメントセンター
代表取締役社長 小山 哲郎