担当者からのメッセージ

IT業界でのあなたの経験と、周囲への配慮、そして努力するという意志があれば、活躍できる現場はいつでも待っています。

JPCが考える、ITのキャリアは、基本がしっかりしていることです。

弊社のキャリアの考え方ですが、まずJPCの方針として、新卒で入ってもらう方については、システム運用オペレータという業務を3〜5年、同じ現場で担当していただきます。その後は、運用管理者やシステム開発、ネットワーク管理・構築といった専門的な領域へスキルアップしていきます。
システム運用のオペレータというのは、障害やアラート時の第一対応者。つまり、ほぼすべての種類の障害やエラーと接する立場です。その障害を手順書に沿って解決していく過程で、いろんな専門部署や場合によっては外部のパートナーとコミュニケーションをとることになります。その結果、幅広いITの知識に加え、業界の相関関係、作業を含めた周囲への配慮、そしてコミュニケーション力が養われていくんですね。弊社では、この基本姿勢を大切に考えています。

単なるアウトソーシングではなく、
お客様の業務そのものをJPCのチームで支援したり、
あるいはお客さまの営業活動を支えることも。

サーバー構築、ネットワーク構築、システム開発に関しては、オペレータからいきなりというのはなく、まずは運用管理者に近いポジションにステップアップしてから始めることになります。チームのマネジメントをしながら、よりよい運用体系を客先に提案していくような立場ですね。構築や開発の業務は短期間ですが、運用はシステムが完成したらずっと続くものです。その継続的な活動の中で、運用を考慮した上でのシステムに対する考え方や知識など、構築に必要なスキルを積み重ねることができます。そこである程度のキャリアを積んで、運用管理者のスペシャリストやサーバー構築などの道へ分かれていきます。
いま当社には、直接お客さまに絡んで、お客さんの利益を作っていくという立場で業務を行っている社員もいます。当社のお客さまの製品を、さらにその先のお客さまへセールスするポジションという意味です。SE営業という立場で、3人チームのプロジェクトのリーダーです。まさに、キャリアを持った方が目指すひとつの方向でもあると思います。
また、社員メッセージに出ている冨樫の場合は、大手のITサービスシステムをJPCのみで運用しているチームのプロジェクトリーダーです。お客様サービスの運用体制についての提案書を私が作成し、提案。その後それに沿って冨樫が各種資料作成や業務の巻き取り、メンバーの教育を実行するという流れで案件を獲得し築きあげてきました。今後は冨樫自身が運用体制や運用サービスの大枠を考えて社内外へ提案していくという方向も、ステップアップとして重要な道だと考えています。
いろんな構築の現場を見ていますが、運用の経験がある人と、そうでない人は、作るものが随分違ってきますね。運用未経験者の場合、作ったあとにどう運用されるかということまで考えられないんです。見た目や機能はいいものに見えるんですが、運用の段階になって、これじゃ使いにくい、となるわけです。エラーが起こった場合の対応を想定して作っていくことができれば、その姿勢そのものもお客さまからの高い評価につながります。

新人の方にはITILファンデーション、
その後は、LinuC、CCNAを目指してもらいます。

キャリアを目指す方には、私としてはLinuCを推奨します。Linuxの資格ですね。ITでは全般的に認知度も高いですし、現場でも使えます。あとはネットワーク系のCCENTやCCNAです。これはシスコ社のルーター設定や操作ができるという資格。大手企業の場合、ネットワーク機器はシスコ社製品を採用していることがほとんどです。 つまりシスコ社の機器が扱えるということは、ネットワーク構築ができるということにつながるわけです。
築地の本社には、『JPCラボ』と呼んでいる場所があります。オフィスのの一角に、サーバーを触れる環境を最近作りました。いろんな機器を組み合わせてネットワークを構築しています。Linux OSのサーバー、WindowsのPC6台、シスコ社のルーターが6〜7台という構成で、最新の機器ではありませんが、ネットワークやサーバーを学ぶ実践にはなると思います。そこもご活用ください。
一方、新人の方には、ITILファンデーション資格を求めていますが、内定式の時に教材を渡して、入社までに資格取得を目指してもらいます。万が一取得できなくても、入社後1年の間に、ITIL講習などもあり、ほぼ全員が取得しています。資格にこだわる理由は、運用の免許証というほどメジャーな資格であり、公共系のシステム運用をするには欠かせない資格となっている点です。しかしそれよりも大事なのは、きちんとこの資格を取得する姿勢が「努力ができる人の証し」だと思うからです。

もともとは現場のオペレータだった私ですが、今はお客さまへの営業。
とても楽しいです。

私は今は営業・採用担当ですが、入社当初は運用のオペレータでした。学生時代が文系だったため、最初からITの仕事が出来たわけでもなく、常駐先であるデータセンターの入館案内から始まりました。技術的な仕事ではなく、人と接する仕事です。そこで業務の間に勉強し、オペレータになり、そしてサーバー・ネットワークエンジニアになったという経緯があるんです。その中で、JPCメンバーの管理や、新しい後輩のフォローをしたり、現場の他部署や他現場のお客さまと出会ってコミュニケーションをとっていました。エンジニアとしてITスキルを伸ばしつつも、多くの方と関わり仕事の幅を広げていきました。その結果として、いまは営業に異動して業務を行っています。
その当時、一緒に仕事をさせていただいた方々が、今は役職もあがり、私の営業先のご担当だったりするわけです。そんな関係性の中で、人の教育だったり、業務をスムーズに行うために、一歩踏み込んで相談できるので、お互いのいい成果につながっているのではないかと思っています。JPCに入社して約20年。ずっとそのお客さまと関わっています。
営業という仕事は、もちろんつらいこともありますが、私は好きです。楽しいです。社員が資格を取得した時は素直に嬉しいですし、現場のサブリーダーがリーダーになった時や、新人が1年ですごく成長した姿を見た時、お客さまから「JPCの社員、いいね」と言われた時は、言葉もありません。

シフト勤務、個人的には夜勤が大好きでした。

夜勤は、最初は眠いです。慣れるまでは、体調管理をして、頑張るしかありません。一度馴染むと、個人的にはシフトの方が絶対にいいです。
普通の人は、月から金で連続で働くわけですが、シフトの人は、長くて連続3日です。結構いろんな人が言ってますけど、夜勤のほうが好きになってきます。まわりと仲良くなって、夜勤明けに遊びに行くことがでてくる頃でしょうか。とにかく遊ぶところはどこも空いていますし、価格も安かったり。次の日が休みの夜勤明けの時なんかは、仕事が終わって、そのまま体育館でバトミントンをやって、たっぷり汗をかいて16時ぐらいから飲む。で、早く帰宅して思い切り眠る、と。ストレス発散とリフレッシュができてましたね。バンド活動をしてる人も結構いますよ。練習するスタジオも安くて予約も取りやすいと言ってました。

JPCは社長も役員も含めて、
社員同士に壁が無いところがいいところだと思います。

上司にまず話して、ということが厳格に決まってるわけではありませんし、社長を含めて、誰に相談してもOKです。私の友人の会社では、入社式以来社長と話したことない、なんてことがあるようですが、JPCでは社長と話したことが無い人はほぼいないのではないでしょうか。いろんなイベントにも参加しますし、本社ですれ違う際にも社長から声をかけてきます。社長だけでなく、役職はあっても、そのことはあまり気にせず話し合えることがいいですね。会社の制度や研修内容等も社員の会話や提案の中から生まれることもあります。
こういった環境は、会社=自分だと思って行動できるのでとてもやりがいがあると思います。