サーバ・ネットワーク

サーバエンジニアの業務

WEBサイトのコンテンツを配信したり、メールを中継したり、オンラインで様々な情報をやり取りするなど、ITシステムにおける様々なサービスを提供する機器(サーバ)にかかわる仕事をします。各種サーバにトラブルや不具合が起こった際に、各種アプリケーションの稼動状況を確認したり、ハードウェアの問題がないかを調査して原因追及、復旧対応を行う仕事から、実際にサーバ機器の選定、OS(Windows、Linux等)の選定、その後用途に合わせたミドルウェア(アプリケーション)の導入設定を行うような仕事までサーバに関する幅広い対応を行います。

ネットワークエンジニアの業務

複数のコンピュータを接続する技術を有し、ネットワークインフラの構築・運用ができるエンジニアです。主には、ネットワークシステムの設計(セキュリティ面も考慮)、構築(ネットワーク回線を使ってシステム同士を接続)、運用・保守(構築後の維持管理・メンテナンス)、監視(監視ツールによる遠隔地からの24時間体制)などの業務に携わり、顧客提案や構築スケジュール調整も行ないます。業務を円滑に行うためにソフトウェアの開発や緊急時のハードウェア交換、エンドユーザー対応など、業務は流動的に変化します。ステップアップのためには、システム管理・保守といった既存のネットワークの維持やメンテナンスに関わる業務の中で、顧客(エンドユーザー)との調整力も高めながら、技術とコミュニケーション力の向上を図ることが重要になっていきます。