オンラインOB・OG訪問 ONLINE OB/OG

大阪情報専門学校 出身のJPC社員

小池 2014年卒業(プログラム学科 出身)

後輩の方達に伝えたい事として、社会人になりまず思った事はやはりコミュニケーション能力が大事だと思いました。
プログラミングや資格勉強も大切ですが、それ以上にグループワーク等を行いコミュニケーション能力を磨いてみて下さい。必ず役に立つ時がくると思います。

齋木 2013年卒業(情報マルチメディア科出身)

銀行系のシステム運用に携わる仕事をしています。
情報を扱う仕事の難しさとやり甲斐を感じながら、社会人として成長している途中です。
仕事しながら勉強をするのは大変なので、学生の内に資格をいっぱい取るのをオススメします。

平川 2012年卒業(情報マルチメディア専門科(3年制)出身)

名古屋からローテーションにて⼤阪に戻ってきました。
以前は⼤⼿⾃動⾞メーカーのwebサイト監視、配信作業、またその作業に関するサーバー監視の業務についていました。
今年はコロナの影響により趣味であった「グルメ巡り」が出来ていないのがとても悔やまれます。影響が収まり次第活発に胃も体も動かしていこうと思っています。

野沢 2012年卒業(情報マルチメディア専門科(3年制)出身)

現在は、⾦融機関システム関連の様々なサーバーのセキュリティ管理に携わっています。
これまでは職種特有の専⾨知識に特化した内容でしたが、今はオープンソース系の知識が必要となっていて、⽇々⾊んな事を覚えながら業務に取り組んでいます。

中川 2011年卒業(マルチメディア専門科 出身)

市役所にて税務システムの運⽤オペレーターとして働いています。
業務内容はサーバ状況やバッチ処理の監視作業が主で、他には印刷や機器トラブルの⼀次対応を⾏っております。
現在、現地のシステム再構築作業期間中で普段の仕事だけではなく再構築後の問い合わせや、グループ内で使⽤する資料の更新作業、再構築に伴う作業の⾒直し等が発⽣しており忙しくも充実した⽇々を送っております。

市上 2010年卒業(情報システム専門科 出身)

昨年度までネットワーク関係の業務に携わっていましたが、現在は、オペレーター業務に携わる⾃社メンバーの管理的な⽴場として、業務を実施しながら、⾃社・メンバー・現場の間に⽴ち調整や連携等が円滑に進められるよう努めています。
在校⽣の皆さん、世の中には本当に⾊々な仕事があります。
知識だけでなく、⾃⾝の性格とも向き合って、双⽅共に役⽴たせることが出来るよう磨き上げて下さい。応援しています。

一覧に戻る

pagetop