オンラインOB・OG訪問 ONLINE OB/OG

北見情報ビジネス専門学校 出身のJPC社員

今野 2021年卒業(情報通信科 出身)

常に挑戦者であることを望みます。
なんでもトライすることで「やっててよかったなー」って思うため何度失敗しても良いのでまずは常にトライすることを心掛けてください。
失敗が怖いとかダサいとか言ってて何もやらない人は社会に出たら大変苦労するため今のうちに学生の時から経験を積んでそれを糧にして良い社会人になることを応援しております。

そして、精神的にもうダメだと感じたら逃げても良いと思っています。
現に私は9月まで配属していた職場ではパワハラが絶えず適応障害になる一歩手前にいました。
その時に営業に相談したら配属先を変えて頂いて今では楽しくやっております。
なので少しでも自分の身や周りに異変を感じたら精神的にボロボロになる前にすぐに身近な人に相談してく
ださい。
気を張り詰めすぎるのも身体に毒なので自分の容量に合うように常に挑戦し続けていってください

茂住 2020年卒業(情報通信科 出身)

テスト終わってから来るべき。せっかく覚えてきた仕事がテストで休む⼀週間で忘れます。12⽉前に早期実習するなら尚更。冬期休暇も⼀週間とちょっとあるんでちょっとだけ知っていたこともわからないことに変わってしまいます。というかテストで帰るための⾶⾏機代は⽀給されないんで勿体ない。それならしっかりテスト終わらせてから上京して仕事に取り組んだ⽅が断然いいと思っています。⾚点とったことある⼈は特に。ただ、仕事に関しては⾃分次第なんで何にも⾔えないです。

津曲 2020年卒業(情報通信科 出身)

東京に来ていろいろと不安はありますが、分からないことや困ったことがあれば周りの⽅に相談しやすい会社だと思います。
様々な経験をすることで多くのスキルを⾝につけることができるように今後も努⼒して⾏きたいです。

佐藤 2014年卒業(情報通信科 出身)

⼤⼿銀⾏のデータセンターに配属され約7年となり、現場の責任者として全体の業務監視を⾏っています。
担当者として作業をこなすというよりも、エラーの切り分けや対応、電話応対、お客様との業務に関する調整事項について意⾒を述べるなど、管理側の⽴場となっています。
報告・連絡・相談といった基本的な動作ももちろん変わらず⼤事でありますが、コミュニケーション能⼒も多く求められる環境となり、⼈との関わりも多く、より密接となりました。
コミュニケーション能⼒はどんな職場においても必要だと思われます。適切なコミュニケーションをとることができれば、⾃然と協調性が⽣まれ、困った時は助けてくれる⼈が増えると思います。
ぜひ今のうちにたくさんの⼈とかかわり、より広い視野を持っていただきたいです。

菅野 2007年卒業(情報通信科 出身)

母校を卒業して十数年、私の事を覚えている先生はいますでしょうか?
北見から東京へ、東京から大阪に移り変わりましたが、元気にやっています。
進路に悩んでいる、また、開発職に進むか悩んでいる生徒さんが居れば、運用職からIT業界に挑んでみる、という選択肢もあるよと伝えて下さればと思います。

一覧に戻る

pagetop