オンラインOB・OG訪問 ONLINE OB/OG

船橋情報ビジネス専門学校 出身のJPC社員

青木 2021年卒業(情報処理科 出身)

システムエンジニアや・プログラマーに進む人が多い中、私はオペレーターを志願していました。
初めはIT関係で銀行や新聞などと繋がりがあるという事でもっと硬い雰囲気の会社だと考えていました。
しかし、実際は真逆で会社の方々はとても優しく一歩一歩歩調を合わせて教えてくださるので入社前に抱いていた不安は期待に変わりました。
このプロフィールを書いた段階ではまだ研修の段階ですが、この調子で立派な社会人になれるよう更に挑戦していきたいと思います。
 

中村 2021年卒業(情報処理科 出身)

船橋情報ビジネス専門学校の皆さん、お元気ですか?
入社から半年となりましたが私は今、大手銀行を監視しているデータセンターにて運用として働いています。まだ、慣れないことも多く、コミュニケーションについてもまだ出来ていないところはありますが、少しずつ人とも上手く接することができるようになっていき、業務についても段々と覚えていくことが出来ています。
これからも頑張りますので、皆さんもこれから頑張ってください!

阿久津 2020年卒業(ITエンジニア科 出身)

⾊々な現場で様々な仕事ができ、資格取得のサポートも充実しています。
どんな仕事をしたいか具体的に決まっていない⼈はITの運⽤保守から初め、⾃分のしたい事をやりたい仕事を探っていける。
そんな会社ですのでまだ悩んでいる⼈がいたら参考にしてみて下さい。

五⽊⽥ 2020年卒業(情報ネットワーク科 出身)

私はいま⼤⼿銀⾏のデータセンターで運⽤管理業務をしています。
⼊社1年⽬の配属先でうまくやっていけるのか不安に思っていました。
ですが配属されてからは同じチームの先輩と⾏うOJT研修がしっかりしているので、仕事を着実に覚えて毎⽇頑張っています。

熊⾕ 2020年卒業(情報ネットワーク科 出身)

現在⼊社⼀年⽬でネットワークエンジニアとして派遣されてます。
⼊社したての頃は⼤体の⼈が監視業務から⼊る⼈が多い中、⾃分の⼊りたかった業務に就くことができ嬉しく思ってます。
⾃分の就いている仕事ではネットワークの基礎知識だけでなくケーブルネットワークについての独⾃の知識が必要でとても覚えるのが⼤変ですがとてもやりがいがあります。
皆さんにアドレスとしてはCiscoの勉強をしっかりやっておくことと、社会のマナーとメールの書き⽅は覚えておくと仕事でとても助かります。

山岸 2017年卒業(情報ネットワーク科 出身)

学校を卒業してから2年目が過ぎて3年目です。
今ではすっかり慣れて仕事に奮闘しています。今ではリーダーとして活躍しています。
在学生の人は資格などを取り先生に質問しまくって取り組んでください。
友人達と資格の取得はとても楽しいです。ですが二年間という長くてとても短い期間です!
楽しんで学んで社会人としての第一歩を踏み出してください。

渡辺 2017年卒業(情報ネットワーク科 出身)

社会人1年目は職場になじめず悩むことがありました。
しかし営業さんが悩みを聞いてくれて気持ちに余裕が持つことができました。
人に話すと気持ちが楽になり仕事も慣れることができると思います。
自社の方々はメールなど連絡をするとフォローやアドバイスをくれるのでとても良い環境で働くことができる会社だと感じます。

岩瀬 2014年卒業(ビジネスライセンス科 出身)

社会人になり丸6年が経ちました。
一年目、二年目は先輩について行くことに必死で余裕なく社会人生活を送っているという感じでした。三年目に先輩が抜け自分が後輩を引っ張って行く立場になり今に至ります。
今では業務での余裕もあり私生活での余裕もある程度でてきました。
そこで思うことは転職というのは学生の時考える以上に難しいということです。
ですので後輩のみなさんは転職しないつもりで就活を頑張ってください。

柴田 2014年卒業(情報ネットワーク科 出身)

2018年度よりOP業務から開発業務の現場に自分から希望して移りました。
開発業務の知識・スキルともに0からの状態でスタートしてますが現在まで何とかやっていけております

山﨑 2014年卒業(情報ネットワーク科 出身)

入社してから6年が経ち、今では担当者としてだけではなく、責任者として作業を任されることが多くなってきました。
現在も運用オペレーターの現場にいますが、開発業務の道を目指し、次の現場へのステップアップへと頑張って取り組んでいます。

川津 2013年卒業(ITエンジニア科(3年制) 出身)

官公庁のシステム運用に携わり,サブリーダとして従事しています。
「正確性」を第一に,「効率」を第二にという意識で業務に取り組んでいます。
この順番が逆になってしまうと問題なので,お互い肝に銘じましょう!
また,自身が活き活きと働く為にも,「より良くできるところとその手段」を探しながら働くことが重要です。見つけたら,とりあえず着手すること。
これを当たり前にやっているのと,やっていないのとでは,自身の成長や日々の残業時間が変わる=その後の人生の大きな違いに繋がります。

吉田 2013年卒業(ITエンジニア科(3年制) 出身)

JPCに⼊社し8年⽬、インフラ担当3年⽬となり業務知識も着実に増えインターネット系チームの3番⼿として⽇々を過ごしています。
職種はサーバエンジニアで業務はネットワーク機器・サーバの運⽤管理、システムの運⽤受⼊に携わっています。担当システムの中には、多くの⼈が⼀度は⽿にしたことがある企業のWEBサーバもあり、企業の顔を背負って仕事をしていると⾃負しています。
FJBで習ったネットワークの基礎知識やLinuxに触れたことがキッカケとなり現在の職に就いています。

細井 2013年卒業(情報ビジネス科 出身)

衛星放送関連の運用の仕事を経験した後、今は、サービスデスク、システム管理・保守の仕事をしています。先生方が紹介してくださったこの会社で毎日いきいき働き周囲に信頼される人材として楽しく過ごしています。ありがとうございました。

清水 2012年卒業(情報ネットワーク科 出身)

現在はクレジットカード関連のシステム更改に向けて、⽇々多忙な毎⽇を過ごしております。
コロナの影響で就職活動も⼤変かと思いますが、IT資格という強い武器を持ったFJBの皆様であれば、乗りきれると信じております。頑張ってください。(東⽇本⼤震災が発⽣した年の就活⽣より)

一覧に戻る

pagetop